So-net無料ブログ作成

IMMELMANN2月例会 [ウォーゲーム]

 先月に続き、今月もゲームクラブIMMELMANNの月例会に参加してきました。プレーしたゲームは先月と同じくBonaparte in Italyで、今回はシナリオ5と6を、やはり同じくKotatuさんにお相手していただきました。
immel130209_001.jpg
 シナリオ5は1796年9月に行われた作戦で、イタリア方面とドイツ方面のフランス軍が呼応してチロルのオーストリア軍を挟み撃ちにしようという計画の裏をかくため、オーストリア軍司令官ヴュルムザーがトレントからアジェダ川沿いではなく、西からブレンタ川の線を南に回りこみ、バッサーノからヴェローナを目指したたのですが、ナポレオンはヴェローナに下がるのではなく、そのままブレンタ川までオーストリア軍をおいかけ、退路をふさがれたヴュルムザーは救出に向かう目的地であるマントヴァ要塞に到達したものの、そのまま包囲されてしまうという戦いでした。
 ゲームではオーストリア軍が史実どおりブレンタ渓谷に回りこみましたが、フランス軍はオーソドックスにヴェローナへ退却、そのまま迫りくるオーストリア軍を各個撃破し、ふつうに勝利w
immel130209_002.jpg
 続くシナリオは有名なアルコラの会戦を扱ったもので、前のシナリオから2ヵ月後の1796年11月、マントヴァに閉じ込められたヴュルムザーに変わって新司令官アルヴィンチが、強力な右翼で北からヴェローナにけん制攻撃をしかけ、同時に東から進撃して中央でフランス軍を突破しようというもの。
 史実では北翼のヴォウボワがふがいなく退却したためヴェローナまで退却したフランス軍はアジェダ川をアルコラ近郊で逆渡河してオーストリア軍の背後に回りこもうとしますが、用心していたオーストリア軍と激戦になってしまうというものでした。
 ゲームでは北翼のダヴィドヴィチは史実以上の勝利でフランス軍を敗走させたものの、主力がヘタな機動でヴェローナに向かう前にマッセナ=ボナパルト率いるフランス軍主力に正面から突っ込んで大敗北。結局、このときの戦力損失が痛くて、なんとかマントヴァに到達するも、連絡線を切られ、引き分けに持ち込むのが精一杯でした。

 というわけで、3戦して2敗1分というふがいない結果ですが、いろいろ参考になる動きや戦術があり、とても楽しめました。ぜひもうひとつのシナリオであるリヴォリも対戦したいです。Kotatu様、今回もありがとうございました&またよろしくお願いします。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます